┏=============┓

服部先生の食育レッスン

┗=============┛

良く噛むダイエット1

(03月01日更新)

約60年の間に日本人の嗜好は大きく変化していますが、そのひとつに「やわらかいもの」が好まれる傾向があります。

玄米から白米、そしてパン食へ、また小魚や乾物、煮物などからカレーやスパゲッティ、ハンバーグというように、あまり噛まなくてもよい食べ物好まれるようになりました。

テレビの料理番組でもやわらかいことをおいしさの表現の大きな軸として取り上げている場合が多くあります。

しかし健康的なダイエットを目指す場合は、むしろ良く噛んで食べることを意識した方が良いのです。

よく言われるところでは、食事を良く噛むことで満腹中枢が刺激され、必要以上に食べることがなくなることがあげられますね。

これ以外にも、良く噛むということが健康に与えるメリットはたくさんありますよ。

良く噛んで食べるメリットは、ひとつにあごが刺激されて脳の活性化に役立つこと。

また唾液の分泌が多くなり、食事によって酸性に変化した口の中を中性に戻す力があるので、口臭・歯周病を抑えたり虫歯を予防する効果があります。
(次回へ続く…)

良く噛むダイエット2を読む


ダイエット レシピTOP