[1dp]健康Q&A食品・料理

Q.大福もちの皮が、お正月のもちのように固くならないわけは?

A.正解は『

砂糖が入っているから」砂糖には水分を抱き込む「保水作用」があります。大福もちでは、皮に練りこまれた砂糖が皮の水分を保つので、やわらかさが長持ちするのです。みつ豆に入れる「ぎゅうひもち」も、大福もちの皮と同じ材料でできていますが、米の粉に対する砂糖の割合が2倍以上なので、さらに柔らかい食感に。お菓子も自分で作ってすぐ食べるなら、日持ちを考えなくていい分、砂糖を控えられます。ダイエット中のごほうびに、手作り和菓子はいかが?

1週間ダイエットプランとは? 会員登録する 健康Q&A
ダイエット レシピTOP

関連Q&A

Q.ステーキの「シャトーブリアン」と焼肉の「特上カルビ」。使う肉の部位は同じだ。
Q.カクテル「アメリカンレモネード」は、ウイスキーをレモンジュースで割ったものだ。
Q.キウイフルーツ1個よりバナナ1本の方が食物繊維が多い。
Q.ナッツはカロリーが高いので食べない。
Q.普段食べている白飯の「うるち米」、とおもちの原料「もち米」では、栄養成分が違う。
Q.うなぎの白焼きと蒲焼きでは、白焼きのほうがカロリーが高い。
Q.わかめの旬は春だ。
Q.ドリンク剤で酔っ払うことがある。
Q.大福1個よりショートケーキ1個のほうがカロリーが低い。
Q.コーヒーの抗酸化物質「クロロゲン酸」は、深炒りの豆に多い。



もっとダイエットしたい
1週間ダイエットプラン

毎週金曜配信
情報をで受け取る