[1dp]健康Q&A食品・料理

Q.コーヒーの抗酸化物質「クロロゲン酸」は、深炒りの豆に多い。

A.正解は『×

コーヒーを飲む人は、高齢になったとき認知能力が衰えたり、糖尿病になったりすることが、飲まない人よりも少ない傾向があります。これは、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という抗酸化物質の影響が大きいと考えられています。でもクロロゲン酸は熱に弱く、浅炒りで約60%、深炒りでは91-99%失われてしまうとか。深炒りのイタリアンローストより浅炒りのアメリカンローストのほうが、クロロゲン酸は期待できそうです。

1週間ダイエットプランとは? 会員登録する 健康Q&A
ダイエット レシピTOP

関連Q&A

Q.ほうれん草を買うなら、朝採りのものがオススメだ。
Q.きくらげは海藻の一種だ。
Q.「とうみょう」と「グリンピース」は同じ種類の植物だ。
Q.砂糖の賞味期限は、開封後約6か月だ。
Q.低カロリーの「きのこ」には、ビタミンはほとんどない。
Q.豆板醤(トウバンジャン)は、大豆を発酵させて作る。
Q.ポテトチップス1袋(90g)の塩分は、味噌汁1杯の塩分より少ない。
Q.塩味のする野菜がある。
Q.さくらえびは不足しがちなカルシウムは多いが、食物繊維はない。
Q.ゆずこしょうの「こしょう」とは、唐辛子のことだ。



もっとダイエットしたい
1週間ダイエットプラン

毎週金曜配信
情報をで受け取る