[1dp]健康Q&A食品・料理

Q.アイスクリームは吸収が悪いので太らない。

Q.バターより、マーガリンのほうが健康にいい。

Q.干ししいたけや切り干し大根などといった乾物には、栄養はほとんどない。

Q.山盛りのせん切りキャベツは、かぼちゃの煮物よりも食物繊維が豊富だ。

Q.きのこのカロリーはゼロだ。

Q.肌のしみやしわだけでなく、乾燥対策にもコラーゲンは欠かせない。

Q.缶詰には、栄養が豊富に含まれている。

Q.鶏肉のささ身以外の部位は、カロリーが高くて太りやすい。

Q.うす口(淡口)醤油の方が濃い口醤油より塩分が多い。

Q.ホワイトチョコレートはミルクチョコレートよりカロリーは少ない。

Q.ホワイトチョコレートはカカオ豆を使わずに作られる。

Q.「医者いらず」の愛称で古くから親しまれてきた薬草といえば、アロエである。

Q.はちみつとメープルシロップのカロリーは同じ?

Q.ナッツはカロリーが高いので食べない。

Q.大根おろしには消化不良や胃もたれの予防に役立つ。

Q.ダイエット効果をアップさせる香りがある。

Q.スタミナがつくといわれるにんにく。食べれば食べるほどその効果はアップする。

Q.鱈(たら)は、高たんぱくで低脂肪。ダイエットをするときの強い味方だ。

Q.牡蠣(かき)が別名「海のミルク」と呼ばれるのは、身が白いからだ。

Q.古いお米を炊くときは、はちみつを入れるとおいしく炊ける。

Q.里いもはさつまいもよりカロリーが低い。

Q.忘年会続きの疲れた肝臓には、しじみの味噌汁がいいって本当?

Q.ごまには二日酔い予防効果がある。

Q.焼酎1合と日本酒1合では、日本酒の方がカロリーは低い。

Q.おにぎり1個分のご飯(110g)と切り餅2個(110g)では、カロリーはほぼ同じ。

Q.チョコレートの甘い香りは、カカオの花の香りだ。

Q.春の七草の「すずしろ」は大根のことだ。

Q.ダイエットには、温野菜サラダより生野菜サラダの方がいい。

Q.「遺伝子組み換え大豆不使用」と表示のあるものは、本当に使用していない。

Q.皮ごと食べられるブドウがある。

Q.野菜ジュースには、生野菜と同じくらいアンチエイジング効果がある。

Q.ハーブを使った健康食品は安全だ。

Q.砂糖不使用の表示は本当?

Q.ハチミツを砂糖の代わりにたっぷり使う

Q.ごまは体に良いのでたっぷり食べる

Q.淡色野菜は栄養が少ない

Q.みかんの袋や白い筋は消化に悪いので食べないほうがいい。

Q.オニオングラタンスープは便秘解消に効果的だ。

Q.昆布はたんぱく質が豊富なので「海の牛肉」と呼ばれている。

Q.牛肉は鉄分を多く含むので、貧血予防に効果的だ。

Q.にんじんやきゅうりなどの野菜は生で食べるのがベストだ。

Q.節分にまく福豆は、体内の「鬼」も追い払ってくれる。

Q.加工品には「見えない油」がたくさん使われている。

Q.ポテトチップスを1袋(90g)食べると、1日に目安とする脂質の量の半分以上を摂ることになる。

Q.いちごは果物の中でもとくにビタミンCが豊富である。

Q.クッキーとビスケットではクッキーの方が脂質は多い。

Q.木綿豆腐と絹ごし豆腐のカロリーは同じ?

Q.鶏卵の赤玉と白玉。赤玉の方が栄養価が高い。

Q.お米を保存するときは、塩を一緒に入れておくといい。

Q.調味料を入れる順番の「さしすせそ」には、科学的根拠がない。

Q.キウイフルーツ1個よりバナナ1本の方が食物繊維が多い。

Q.キャベツの芯にはビタミンCが豊富に含まれている。

Q.あさりは低カロリーなので、ダイエットにうってつけの食品だ。

Q.ぼたもち1個といよかん3個では、ぼたもちの方がカロリーは高い。

Q.揚げ物は素材を小さく切ったほうが、カロリーは高くなる。

Q.冷凍野菜には栄養が少ない。

Q.酢には毎日の疲れを早く取ってくれる成分が含まれている。

Q.じゃがいもには毒がある。

Q.眠れないときは、炒めたまねぎを枕元におくといい。

Q.豆腐はコレステロール値を上げる働きがある。

Q.酢はそのまま飲んでもいい。

Q.ねぎ類の中で一番葉が細いものはあさつきである。

Q.たけのこは便秘の人にオススメだ。

Q.バナナミルクは便秘解消だけでなく、ニキビ対策にも効果がある。

Q.お茶碗に軽く1杯のごはんより、食パン8枚切り1枚の方がカルシウムを多く含んでいる。

Q.水のカロリーはゼロだ。

Q.「白いごはん」と「お赤飯」。重さが同じならカロリーも同じだ。

Q.ビールを飲むとお通じがよくなる。

Q.フライなら、白身魚やえびのフライの方が、とんかつよりもダイエット向きだ。

Q.プレーンヨーグルトの方が、甘いヨーグルトよりもカロリーは低い。

Q.焼き鳥を食べるなら、「皮」1本よりも「ねぎま」2本の方がローカロリーでヘルシー。

Q.緑茶と紅茶は同じ茶葉からできている。

Q.栄養をまるごと摂るには、ごまはすらないほうがいい。

Q.玄米と白米では、米の品種が違う。

Q.貧血が気になる人は、スパゲティはペペロンチーノ(とうがらし)よりボンゴレ(あさり)がおすすめ。

Q.100%野菜ジュースは、同じ重さの野菜とほぼ同じ栄養素が摂れる。

Q.「初がつお」を食べることは、貧血対策にもなる。

Q.「アイスクリーム」より「ラクトアイス」の方がカロリーが低い。

Q.カロリーオフ飲料なら、500mlボトルを1本飲んでも、砂糖入りコーヒー1杯のカロリーを超えることはない。

Q.レバーは鉄分が多いが、ビタミンは少ない。

Q.「山芋を食べると精がつく」というのは本当だ。

Q.プレーンなハンバーガーなら、1個のカロリーは、おにぎり1個分とほぼ同じだ。

Q.寝ている間の脱水を防ぐには、お茶より水がオススメだ。

Q.肌の「はり」と「つや」を守るには、アメリカンチェリーより日本のさくらんぼの方がよい。

Q.「ビール」と「発泡酒」。値段もカロリーもビールの方が高い。

Q.「サラダ」は「野菜料理」と考えてよい。

Q.果物を食べると太る。

Q.厳しい環境で育った野菜はビタミンが少ない。

Q.野菜のビタミンCの量は、部分によって違う。

Q.カルシウムが多い黒砂糖は、ダイエット中でも積極的に食べたい食品だ。

Q.乳製品のアイスクリームとクリームチーズ。同じ重量ならアイスクリームの方がカロリーは高い。

Q.貧血気味のときは、おやつにドライフルーツを食べるとよい。

Q.寿司屋で食べるうにといくら。ネタの量が同じなら、うにの方がカロリーは高い。

Q.ダイエット中は牛乳を控えたほうがいい。

Q.注目の美容食さつまいも。蒸し器よりも電子レンジで蒸かしたほうが甘くなる。

Q.こんぶはローカロリーなので、「摂りすぎ」ということはない。

Q.脂身の少ない固いお肉。おいしく食べるには、焼く前にキウイフルーツをはさんでおくと良い。

Q.にんにくの臭い消しにはマッシュルームを食べるとよい。

Q.レタスには頭をすっきり目覚めさせてくれる成分がある。

Q.気分転換に飲むコーヒーとココア。リラックス効果はココアの方が期待できる。

Q.ビールは飲むだけでなく、調味料にも使われる。

Q.大粒のぶどう「巨峰」の表面についている白い粉のようなものは、からだに良くない。

Q.枝豆は、ほうれん草よりも鉄分が多い。

Q.夏を代表する果物のすいかには、ビタミンCが豊富だ。

Q.とうもろこしを1本食べたら、ごはんを1杯控えておくほうがよい。

Q.豆乳には牛乳と同じくらいのカルシウムが含まれている。

Q.ごまドレッシングは、ノンオイルドレッシングと同じくらいのカロリーだ。

Q.ビール中ジョッキ1杯とごはん軽く1杯は同じエネルギーだ。

Q.玄米よりもでんぷんの多い白米の方が、疲労回復を期待できる。

Q.「まぐろ」より「あじ」のほうが、水銀に汚染されにくい。

Q.梨には夏バテ解消効果がある。

Q.「バター」、「ジャム」、「はちみつ」。大さじ1杯なら一番カロリーが低いのは、はちみつだ。

Q.菓子パンは、栄養的には「パン」より「菓子」に近い。

Q.「はるさめ」と「しらたき(糸こんにゃく)」。どちらもほとんどカロリーがないヘルシー食品だ。

Q.割っていない焼酎のカロリーは、同量のワインとほぼ同じだ。

Q.ぶどうの酸化防止成分は、皮より果肉に多い。

Q.なすに含まれている酸化防止成分。名前は「ナスニン」だ。

Q.真空パックの惣菜のように「常温保存」と書いてあるものは、冷蔵庫で保存してもよい。

Q.「さつまいも」にはお肌に良いビタミンが豊富だ。

Q.食べきりサイズのパッケージの「甘栗」は、まんじゅう1個より低カロリーだ。

Q.低カロリーの「きのこ」には、ビタミンはほとんどない。

Q.なすは、冷蔵庫より室温で保存したほうが風味を保てる。

Q.胃もたれするときは「卵かけご飯」より「温泉卵」がおすすめだ。

Q.甘くないおやつなら、カロリーが低い。

Q.りんごは皮をむいてしまうと、美肌効果が期待できない。

Q.捨てられがちなかぶの葉。実はカルシウムがたっぷりだ。

Q.豆腐から作る「がんもどき」は、低カロリーなたんぱく源だ。

Q.今が旬の「柿」と「ざくろ」。すっぱいざくろのほうがビタミンCは多い。

Q.「さんま」の血液サラサラ効果をねらうなら、塩焼きよりもお刺身がオススメ。

Q.ダイエット中でも野菜ジュースなら、たくさん飲んでも大丈夫。

Q.貧血気味のときは、牛肉よりもラム肉の方がおすすめだ。

Q.しいたけを干すと、ビタミンが増える。

Q.たいていの果物は脂肪がほとんどないが、アボカドには脂肪が多い。

Q.しょうがはできれば皮ごと使ったほうがよい。

Q.1/2-1/4カットで売っている「白菜」。切り口が盛り上がっているほうが新鮮だ。

Q.鍋物の具材「春菊」は、栄養の優等生「ほうれん草」並みに栄養がある。

Q.青いねぎよりも白いねぎのほうが、体を温める成分が多い。

Q.日本の梨よりも洋梨のほうが便秘解消には効果的。

Q.「さわら」の旬は、地方によって違う。

Q.冷え性には「かぼちゃ」がおすすめだ。

Q.にぎり寿司はバランスがよいので、ダイエット中の外食におすすめだ。

Q.「干し柿」の表面の白い粉は、食用のカビだ。

Q.「まいたけ」や「エリンギ」は、栽培メーカーによって味が違う。

Q.ビールは10℃前後が一番おいしい。

Q.ピーナッツは野菜ではないので、ビタミンはほとんどない。

Q.ホットケーキにかける「メープルシロップ」は、はちみつの一種だ。

Q.「ボージョレ・ヌーボー」は、長期熟成させた赤ワインのことだ。

Q.とろろ昆布汁1杯には、コップ約1/4杯の牛乳と同じくらいのカルシウムが含まれている。

Q.泥つきのごぼうは、洗ってあるものに比べて日持ちが悪い。

Q.「いか」と「たこ」。どちらも煮込めば煮込むほどやわらかくなる。

Q.「酸素水」を飲むと、持久力がつく。

Q.「れんこん」と「みかん」。ビタミンCはみかんのほうが多い。

Q.みかんを食べすぎると、皮膚が黄色くなる「黄疸(おうだん)」という症状が表れる。

Q.アルコール度数が高いお酒ほど、吸収速度は遅い。

Q.渋みのしっかりしたワインのほうが、「からだのさび止め効果」の期待大。

Q.「とろろ汁」を作るには、熱いだし汁を使ったほうが、より粘りが出て体にいい。

Q.「玄米フレーク」は「コーンフレーク」と違い、ビタミンEが含まれていない。

Q.唇の端が切れやすい…。そんな人にオススメなのは、「みかん」より「牛乳」だ。

Q.オリーブ油のほうがサラダ油よりローカロリーだ。

Q.ダイエット中にパスタを食べるなら、トマトソースよりクリームソースがオススメだ。

Q.「昆布とかつお」の合わせだしは、「昆布」だしの9倍のうま味がある。

Q.うずらの卵は、同じ重量の鶏卵と比べて、ビタミン類が多い。

Q.ガムには、「賞味期限」の表示がないものがある。

Q.味噌汁には必ずだしが必要だ。

Q.ヨーグルトの表面に浮いてくる水は捨てたほうがよい。

Q.豆板醤(トウバンジャン)は、大豆を発酵させて作る。

Q.加工食品の原材料は五十音順に表示されている。

Q.モチモチした食感の米より、サラリとした食感の米のほうが、消化に時間がかかる。

Q.皮をむいて茶色くなってしまったりんご。オレンジジュースにつけると元の色に戻る。

Q.ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスは別な品種だ。

Q.アスパラガスには、紫色のものがある。

Q.「甘さ控えめ」という表示は、糖分が一定量以下という意味だ。

Q.「低糖」や「微糖」という食品表示があったら、糖分は少なめだ。

Q.食品や飲み物に「無糖」と表示されていれば、糖分はまったく入っていない。

Q.下ごしらえの塩をふるのは、魚も肉も、料理する10-20分前くらいがよい。

Q.ゼラチンも寒天も、使うときは沸騰させてしっかり溶かすのがよい。

Q.マシュマロ発祥の国はフランスだ。

Q.「国産牛」は、日本で生まれた牛だ。

Q.バナナや柿ではジャムが作りにくい。

Q.人気急上昇のマンゴー。完熟を待って収穫されるのは、国産のものだけだ。

Q.すいかを切るときは、黒いしま模様の部分に包丁を入れるとよい。

Q.日本で生まれ育った牛でなければ、「和牛」とは呼べない。

Q.あなごはうなぎよりローカロリーだ。

Q.グレープシードオイル(ぶどうの種の油)は、べにばな油よりコレステロールが少ない。

Q.「ダイエット&美肌」にオススメのなす料理は、あぶらを使わずに作れる焼きなすだ。

Q.夏ばて防止にオススメのレバーは、あぶらが多くてダイエットに不向き。

Q.カスタードプリンとシュークリーム。普通の大きさならシュークリームのほうがカロリーは高い。

Q.ピーマンのビタミンC量は、同じ重量のレモン果汁より多い。

Q.粒コーン大さじ1杯のカロリーは、角砂糖1個より多い。

Q.うなぎの白焼きと蒲焼きでは、白焼きのほうがカロリーが高い。

Q.カップラーメン1個よりカップ焼きそば1個のほうが、カロリーは低い。

Q.スパゲッティをゆでるときは塩を入れるが、そうめんをゆでるときには入れない。

Q.スタミナアップに食べたい焼肉!牛タンなら低脂肪でダイエット中でも安心だ。

Q.温野菜を作るとき、水でゆでるより電子レンジで加熱するほうが、ビタミンCが失われにくい。

Q.すいかには紫外線からお肌を守るベータカロテンが豊富だ。

Q.黄金色の淡色ビールと黒ビールでは、黒ビールのほうがカロリーは高い。

Q.こんにゃくの原料は海藻だ。

Q.きな粉は小麦粉よりも低カロリーだ。

Q.切り干し大根は火を通さなくても食べられる。

Q.お菓子作りの砂糖は、「グラニュー糖」より「上白糖」がよい。

Q.ひじき、わかめ、こんぶの中で、一番カルシウムが豊富なのはひじきだ。

Q.なし1個よりも、デラウェア1房のほうがカロリーは高い。

Q.ステーキの「シャトーブリアン」と焼肉の「特上カルビ」。使う肉の部位は同じだ。

Q.「むかご」を植えると山いもができる。

Q.カクテル「アメリカンレモネード」は、ウイスキーをレモンジュースで割ったものだ。

Q.秋が旬のきのこ。おいしく食べるには水で洗ってはだめ。

Q.さんまはあぶらが多いので、健康のためにはなるべく控えたほうがいい。

Q.玄米は白米よりカロリーが高い。

Q.牛乳よりも豆乳のほうが鉄分が多い。

Q.最近注目のスイーツ「エクレア」の語源は「稲妻」という意味だ。

Q.しか肉は牛肉よりあぶらが少ない。

Q.腸の調子を整える「食物繊維」。食パン、ロールパン、フランスパンの中では、食パンに多い。

Q.メロンパンはあんパンよりカロリーが低い。

Q.デニッシュはパターつきのトーストよりカロリーが高い。

Q.江戸時代のベストセラー「豆腐百珍」は、豆腐のレシピ本だ。

Q.さつまいもの皮の色は、トマトの色と同じ成分だ。

Q.そばの中でも色の白い「更科(さらしな)そば」。普通のそばよりもビタミンが豊富だ。

Q.キシリトール入りのガム10粒は、小さじ1杯分のあぶらとほぼ同じカロリーだ。

Q.あぶらの少ないカッテージチーズは、ダイエット中のカルシウム補給にオススメだ。

Q.カスタードプリンは、コレステロールが多い食品だ。

Q.かぶを保存するときは、葉と根は切り離さないほうがよい。

Q.麩(ふ)は、小麦粉から作る。

Q.いかの下ごしらえでは、切り込みを表にするのと裏にするのとでは、調理後の形が違う。

Q.大根おろしの材料に向いているのは、大根のしっぽの部分だ。

Q.ドライプルーン2粒よりも焼きのり1枚のほうが、鉄分は多い。

Q.チョコレートにも食物繊維が含まれている。

Q.バターよりマーガリンのほうがカロリーは少ない。

Q.最近は一年中出回る「ほうれん草」。夏にとれるもののほうが、ビタミンCが多い。

Q.インスタントコーヒー1杯のカフェインの量は、レギュラーコーヒー1杯より多い。

Q.梅酒は日本酒よりローカロリーだ。

Q.エスプレッソのカフェインの濃度は、ふつうのコーヒーとほぼ同じだ。

Q.カーネーションは食べられる。

Q.普段食べている白飯の「うるち米」、とおもちの原料「もち米」では、栄養成分が違う。

Q.豚肉のビタミンは、たまねぎと炒め合わせたほうが、吸収がいい。

Q.深炒りのコーヒーは、浅炒りのコーヒーよりカフェインが多い。

Q.大福1個よりショートケーキ1個のほうがカロリーが低い。

Q.たい焼き1個より、おにぎり1個のほうがカロリーは高い。

Q.ポテトチップス1袋(90g)の塩分は、味噌汁1杯の塩分より少ない。

Q.串だんごの「みたらし」と「あん」。カロリーは「みたらし」のほうが高い。

Q.料理の飾りに使う「金箔」は、体内で酸化するので食べないほうがよい。

Q.ダイエット中なら、しっとりしたロールパンより、軽いクロワッサンがオススメだ。

Q.2月はメープルシロップの収穫期だ。

Q.ダイエット中ならオムレツよりゆで卵がオススメだ。

Q.同じ量なら、「黒豚」の肉のほうが普通の豚肉よりカロリーは低い。

Q.卵を保存するときは「丸いほうを下」にして置いたほうがいい。

Q.牛乳を飲んでお腹がゴロゴロするなら、ヨーグルトやチーズも控えたほうがいい。

Q.高カカオチョコのほうが、普通のチョコより脂質やカロリーが少ない。

Q.さけ(鮭)のカルシウムは少ないので、骨作りの役には立たない。

Q.「はまぐり」は、生活習慣病予防効果が期待されている。

Q.塩にはカロリーがない。

Q.ミネラル分が多い水でいれたコーヒーは、普通の水でいれたものよりも苦い。

Q.いちごを10粒食べると、成人に必要なビタミンCのほぼ1日分が摂れる。

Q.カロリー源である糖質がカットされた「糖質ゼロ」の発泡酒なら、カロリーもゼロに近い。

Q.たまねぎのみじん切りで眼が痛くなるときは、包丁を研ぐとよい。

Q.赤唐辛子と青唐辛子。ダイエットの助けになるのは赤唐辛子だけだ。

Q.大福もちの皮が、お正月のもちのように固くならないわけは?

Q.さくらえびは不足しがちなカルシウムは多いが、食物繊維はない。

Q.ドリンク剤で酔っ払うことがある。

Q.今が旬の「初がつお」と、秋の「戻りがつお」。かつお節の原料に適しているのは、初がつおだ。

Q.じゃがいもをゆでるなら、沸騰した湯に入れるより水からゆでたほうがおいしい。

Q.赤ピーマン青ピーマン黄ピーマン。ビタミン類が一番多いのは青だ。

Q.「とうみょう」と「グリンピース」は同じ種類の植物だ。

Q.ウインナーソーセージは、脂身つきのロース肉より脂肪の割合が多い。

Q.玄米茶にはカロリーがない。

Q.同じ量のカルシウムを摂るなら、スキムミルクでも牛乳でもカロリーはほぼ同じだ。

Q.そばは雑穀の一種だ。

Q.熟して黄色みがかってきた梅は、梅干にできない。

Q.「はかりめ」とは、「するめ」の別称だ。

Q.「世界一栄養価の高い果物」としてギネスブックにのっているのは「バナナ」だ。

Q.バナナの旬は6月だ。

Q.人気のえだ豆「だだちゃ豆」にとくに多いビタミンは葉酸だ。

Q.ゆずこしょうの「こしょう」とは、唐辛子のことだ。

Q.とうもろこしは、朝採りのほうが甘い。

Q.脂身の多い肉は、「焼く」より「ゆでる」ほうが脂がよく落ちる。

Q.ズッキーニはきゅうりの仲間だ。

Q.しょうがには乗り物の酔い止めの効果がある。

Q.雑穀ご飯によく使われる「アマランサス」は、イネの仲間だ。

Q.うなぎの蒲焼きにかける「さんしょう」は、漢方薬の材料でもある。

Q.コーヒーの抗酸化物質「クロロゲン酸」は、深炒りの豆に多い。

Q.「ウイスキー」の高級なものが「ブランデー」だ。

Q.だしのうま味成分は、湯で煮出さないと出ない。

Q.夏バテには、「ざるそば」より「そうめん」だ。

Q.タイ料理に欠かせない「パクチー」と、中華料理に使う「香菜(シャンツァイ)」は、同じものだ。

Q.米粉は、小麦粉より低カロリーだ。

Q.生ハムを、切ったいちじくに巻いておくと、やわらかくなる。

Q.「ローリエ」と「ベイリーフ」は同じハーブだ。

Q.「栗」は「さつまいも」よりも食物繊維が多い。

Q.コンビニのおでんは、10月が売り上げのピークだ。

Q.ぶどうの品種の中で、最も房が大きいのは「巨峰」だ。

Q.「軟骨」は、焼きとりの中でも低カロリーなほうだ。

Q.栗は、冷蔵するより室温に置いたほうが甘くなる。

Q.まつたけの主な輸入元はアメリカだ。

Q.塩味のする野菜がある。

Q.ポップコーンはポテトチップよりカロリーが高い。

Q.調味料で「むらさき」といえばしょうゆのことだ。

Q.きくらげは海藻の一種だ。

Q.わかさぎ3尾より牛乳コップ1杯のほうが、カルシウムが多い。

Q.春菊は、ヨーロッパでは観賞用植物だ。

Q.ペットボトル詰めのワインは、ガラスボトル並みに長期保存できる。

Q.「ミクソロジーカクテル」とは、ノンアルコールのカクテルのことだ。

Q.野菜は、ゆでるより蒸すほうが、ビタミンが失われにくい。

Q.黒いアルミホイルに包んで焼くと、銀色のものより早く焼ける。

Q.トマトソースを作るなら、ホーローの鍋がオススメだ。

Q.韓国料理「トッポキ」に入っているもち「トック」は、もち米をついたものだ。

Q.「アメリカ型食パン」とは角型食パンのことだ。

Q.野菜工場で作られた野菜は日持ちが悪い。

Q.セロリの葉は食べられない。

Q.わかめの旬は春だ。

Q.大麦は米よりも食物繊維が多い。

Q.茶色い鶏が産んだ卵は、白い鶏のものより黄身の色が濃い。

Q.ミニトマトは、普通の大きさのトマトよりビタミンが少ない。

Q.甘酒のアルコール度は、ビールと同じくらいだ。

Q.「サイダー」とは、もともとはりんご酒の「シードル」のことだ。

Q.カット済のすいかを買うときは、種が黒いものがよい。

Q.砂糖の賞味期限は、開封後約6か月だ。

Q.しょうゆは古くなったほうが、風味が増す。

Q.IH調理器なら、天ぷらをしても火事の心配がない。

Q.世界一辛い唐辛子は、ピザやスナックでおなじみの「ハバネロ」という品種だ。

Q.生卵はゆで卵より日持ちする。

Q.縦に裂けるきのこなら、食べても安全だ。

Q.「プレザーブスタイル」のジャムとは、長期保存できるジャムのことだ。

Q.洋梨は収穫直後が一番甘い。

Q.まいたけを茶碗蒸しに入れると固まらないことがある。

Q.熱燗(あつかん)のお酒はアルコール分が少し飛んでいるので、肝臓にやさしい。

Q.ほうれん草を買うなら、朝採りのものがオススメだ。

Q.低温でも白く結晶化しない「はちみつ」には、人工的に糖分が加えられている。

Q.「アイスワイン」とは、凍らせて飲むワインのことだ。

Q.コーヒーをおいしくいれるには、沸騰直後のお湯がよい。

Q.イタリアでも古米より新米が好まれる。

Q.きよみ、はるみ、はるか。これらはりんごの品種名だ。

Q.「はるさめ」のカロリーはうどんの約半分だ。

Q.土鍋は、火にかける前に裏を水でぬらすと割れやすい。

Q.じゃがいもの「きたあかり」は煮物に向いている。

Q.青のりは焼きのりよりもカルシウムが多い。

Q.ほうじ茶と緑茶は同じ種類の茶葉だ。

Q.「第四のビール」といわれるのは、最近流行の「ウィスキーハイボール」だ。

Q.シリコン製の調理器具は電子レンジでは使えない。

Q.「わさび」の花が咲くのは秋だ。

Q.「強化ガラス」と「耐熱ガラス」は同じものだ。

Q.韓国のお酒「マッコリ」のアルコール度数は、ビールと同じくらいだ。

Q.ノンアルコールのビールはあるが、ワインはない。



もっとダイエットしたい
1週間ダイエットプラン

毎週金曜配信
情報をで受け取る